ニュース番組「ハリケーンで壊滅的危機!」←背後でめっちゃカイトサーフィン楽しんでんすけど…

メディアが大袈裟に騒ぐのをぶち壊す一般人あるあるw 日本でもレポーターが深刻そうな顔してる横で、普通にしてる人が写っちゃうとか、よくネタにされてますよね~。
Wiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁「ハリケーン・イルマはアメリカに破壊的危機をもたらすだろう」
大手ニュース専門局MSNBCの映像なんですが、政府からのコメントをヘッドラインにして、現地映像を中継してしまったのが悪かった。
背後でカイトサーフィンしてる人が普通に映ってます。
地方によってはマジでかなりの被害が出てるってのは確かなんですけどね。

海外の反応


◆フ口リダ男の日常がまた放送されてしまったか。

↑フ口リダ男こそ最高。

↑フ口リダ州タンパ住まいだけど、この男ならいつでも自宅に歓迎するわ。

↑以前フ口リダに住んでたけど、フ口リダの男ってのはこういうヤツだ。
嵐の中外を走り回って、未確認動物スカンクエイプの存在を信じてて、アリゲーターを食べた事があって、未だに南部軍の旗をトラックに掲げてる知り合いがいて、多分イノシシ狩りに行ったことがあって、もしかしたら1回くらい雷に打たれたことがあって、1匹か2匹サメを釣った事があったりして、ヒアリに噛まれた事があって……そして、ハリケーンの中サーフィンに出掛ける。

↑なんてこった…俺はフ口リダ男だったのか…


◆「この波を俺がやっつけるまでは、破壊なんてさせねぇぜ!」

◆こういうの見ると、このニュース映像思い出すわ。

↑カメラマンがズームアウトしちゃってるせいで、おバカさが増してるよな!

↑彼の本能が、この被写体は撮るべきだと囁いたんだろうな。


◆いや、これは明らかにFBIエージェントがいかに自分がハードコアかを見せつけて、エクストリーム・カイトサーフィンの犯罪組織に潜入しようとしてる所だろ。

↑つまり……ハートブルーだな?


◆こんな感じのニュース映像大好きだ。レポーターがドラマチックな演出をしているのに、急に背後で誰かが普通に日常的な事しちゃうヤツ。

↑昨日、フ口リダにいる義理の両親が気になってニュースを見てたんだけどさ。雨と風の中レポーターがドラマチックな喋りをしてたんだよ。そしたら後ろの方に犬の散歩してる女性が写って、カメラに向かって元気に手を振ったんだよね。

↑これだから俺は全国放送のニュース局は見ないんだよな。ローカルのニュース局の方がもっと真実を追ってるわ。


◆これのリアルなMVPはカメラマンだろ。

◆レポーターの彼女は、なんでプロデューサーが右に移動しろって言ってるのか、理解できなかっただろうな。

◆プロデューサー「右に移動するんだ。」
(レポーター移動)
プロデューサー「ちげぇよ! 俺の右だよ!」