スカンク・エイプとは

スカンク・エイプ(Skunk Ape)はアメリカ合衆国、フ口リダ州エバーグレーズ国立公園で目撃されている類人猿型の未確認動物(UMA)。
スカンク・エイプは名前が表す通り、大変な異臭を放つ。外見はオランウータンに近く、褐色の体毛に覆われている。人間のように二足歩行で歩くことができる。名前の由来は、スカンク(skunk)のように臭い類人猿(ape)からである。
記事に戻る