「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

世界陸上のリレー入場におけるお国柄の違い。アメリカが流石すぎる!

リレーの入場だけ見ても、国ごとの性格が出ますね~。アメリカの盛り上げ上手な感じはさすが。

海外「これが文化の違い」
2015年・世界陸上北京のリレー入場から、チャーリーズエンジェルのポーズでビシっと決めるアメリカと、控えめにカメラに向かって手を振るイギリス。しかもこの指先だけを揺らす風なのが、また照れてる感じで可愛いぞ! 確かにこれは文化が違いますなぁ。

折角なので、他の国の様子もどうぞ!

手をつないで仲良くチームをアピールするフランス。自由、平等、友愛の国だもんね。

一見クールに見えるけど、両手をパタパタしたりピースしたりと茶目っ気のあるロシア。

ナイジェリアは投げキッス! 試合前にチームで話し合って決めたのがコレというのが実に和みます。ちょっとぎこちないのも良い!

ジャマイカは背中合わせのポーズ。これはカッコイイ系だ。うっかり入場前にフライングでポーズしようとした子がいて微笑ましい(笑)。

ポーズもちょっと控えめで大人しそうなカナダ。親近感のわく国ですよねー。日本人並みにソーリー言いまくるらしいですよ。

ウクライナは、モデル立ちからの流れるような投げキッス! 手の広げ方と言い、これは慣れてる……!

海外の反応


◆イギリス「ハァイ。」
アメリカ「私 が 来 た ! !」

「もう大丈夫」「何故って?」「私が来た!!!」


◆右側の旗持ってる奴はもうちょっと頑張れや。

◆分からん人の為に言っておくと、アメリカがやってるのはチャーリーズエンジェルでお馴染みのポーズな。

↑えっ……俺てっきりギニュー特戦隊のポーズかと。

↑そして残りの連中の為に言うと、あれは手を振ってるイギリス人だよ。

↑ありゃ「ちょ、カメラがこっち向いてる。急いで何か上品で無害な仕草をして見せなきゃ!」のポーズだ。実にイギリスらしい。

↑なんと、実は俺イギリス人だったのか……。


◆アメリカ人なら、もっと火薬とエレキギターが必要だと思う。

↑そういうのは皆欲しいんじゃないか?

↑いーやアメリカ人だけだって。
イギリスはお茶があればいいの。さぁ皆様、ニッコリ笑って手を振るわよ!

↑エレキギターのリフが流れる中、スローモーションになって、背後でとんでもない量の火薬が爆破されてれば最高かなー。


◆アメリカのポーズはまんまギニュー特戦隊っぽい。

◆イギリス人は危険物は所持できないからしょうがない。銃とかナイフとか政治的に正しくない発言とかなー。

↑なんて乱暴なコメントなんだ! 今すぐスコットランドヤードに自首したまえ!


◆イギリス人の場合2種類の人種がいる。1つは動画みたいなの。もう1つは、カメラがあったら㞍を見せて中指立てる人種。

◆日本のチームだったら、もっと上手くギニュー特戦隊のポーズが出来たハズ。

◆アメリカ人の方が楽しんでる件。

↑イギリス人だって内心は楽しんでるよ。

↑それを表に出せないだけだよな。


◆「スプーンでかき混ぜるか、遠心力でかき混ぜるかの違い」って誰かが言ってた。

◆こうやって見ると、アメリカが独立戦争で勝ったのは当然と言えるだろう。

◆イギリスとアメリカのハーフだけど、これは正しいと思う。いつも心の中で二つの文化がせめぎ合ってるんだよね……。

◆アメリカ人はどこにでも銃を持ち込むって証明が出来たな。

◆USA! USA!