「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

「また日本がやりやがった」秋葉原とらのあな「このあとぬぐ」企画に外国人驚愕

最近の秋葉原「とらのあな」はこんなことしてるのね……。楽しそうでなによりです。オタク向けサブカル企画ならやっぱ秋葉原が突出してるよな。

海外Twitter「日本はいつだって未来に生きていやがる……」
先日まで開催されていた、「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」ミュージアムinとらのあな秋葉原店B。こちらでは来場者数に応じてキャライラストの衣装を捲っていく、一風変わった来場者カウントメーターが設置されていました。
ちなみに最初はこんな感じ。上手い事オタク心をくすぐりますねぇ。

海外の反応


◆これは天才。設定された目標ごとにシールが剥がされていくわけだな?

◆こんなん俺らがやったら逮捕される案件じゃねーか。


◆下から別のネタ画像が出てくるか、急にビビらせるホラー動画だろうと思ってたのに。マジモンかよ。

◆私、この娘超大好き~!

◆あの国は全くもって、美しさと不思議さを兼ね備えた国だよ。

↑俺、今度旅行行くんだ。めっちゃ楽しみ!

↑羨ましすぎる……俺もいつか行きたい!


◆今すぐ俺を日本に行かせろー!!

◆「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」のシェラだね。なかなか悪くないキャラだ。

◆さぁ、次は上着の方にいってみようか!(笑)



◆シール剥がしで赤面してしまったじゃないか。

◆よくやった(小声)

◆この美しい国に、俺はいつか住んでみせるぜ……。

◆日本を称えよ。

◆クソ、大事なとこが見えないじゃないか。

◆これは史上最高のポスター。

◆日本ってたまに物凄く突き抜けたことするよね……これなんか良い例だ(笑)。

◆えええええ……ちょ、待って! 待っ……。いや…続けて、どうぞ。

◆たのむから男版は作らないでくれよ……。

◆どこに行ったらこれは買えるんだ! あともう一回服を着せ直すことは可能なのか!?

◆レベル1の横棒もシールだったりしないのか? あの部分剥がせたりしないの!?

◆これだから日本が好きなんだよねぇ。

◆シェラって15歳じゃなかったっけ……まぁいいや、俺が許す。

◆おお……ちょっと予想はしていたが、こうくるとは(笑)。

◆日本がまーたやりやがった。

◆あいつらは常に一歩先を行くから……。

◆一歩どころか69歩先を行く。

◆こういうの見ると、未来は明るいって思っちゃうわー。