「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

どう見てもチ●コの生えてる赤ピーマンが見つかる

まさかのタマまで再現とはすばらしい。あとピーマンのこの種の部分が滅茶苦茶嫌いなんですが、共感してくれる人いませんか? 集合体恐怖症ってやつですかねぇ。

海外「この赤ピーマンどうよ」
これは……紛れもなくペ二ス! タマの付き方といい、角度といい、見事な偶然っぷりですね。

海外の反応


◆ペルペッパーならぬベルペッカーだ! 👺
※ペルペッパーはピーマンの英語。ペッカーはペ二スの意味がある

↑これ、このスレッドに物凄くピッタリな絵文字だな。

↑俺、この絵文字を何にでも使ってる。お気に入り。


◆この辺にいるセクシーな独身野菜をナンパしに来たんだろうなぁ。

◆ベルエンド・ペッパーだな。
※ベルエンドは鐘状の末端を示す言葉。…つまり亀●のことである

◆その先からホットソースが出てくるんだろ。

◆割礼してしまうことなく、どうやってこんな風な断面を作れたんだ?

↑カットしたときには萎えてて、切った痛みで立ち上がったんじゃない?

↑投稿者はこの手の面白ピーマンハンターで、切る前に中身を確認する習慣でもあるんじゃないか?

↑アボカドと同じように、周囲をぐるっと切って捻って開いたんじゃないの。

投稿者)ビンゴ!

↑一体どうしてそんな風にピーマンを切ったんだ。

↑だってほら、小さいピーマンチ●コが入ってるかもしれないし。

投稿者)いつもこうして切ってるんだよね。こうすれば種とヘタが簡単に取り除けるんだー。

↑とりあえずこの動画見とけ。きっと感謝するから。
カリスマシェフ直伝「超簡単に手際よくピーマンの種を取る方法」


↑嘘だろ、こいつはヤバイって。

↑業界だとこれが普通なんだな。大量に切らなきゃいけない時なんか重宝するぞ。


◆なんかこう……見ててとても落ち着かなくなる写真だ。

◆カプサイチンが含まれてそう。

◆ピーマンにオスとかあったんだ。

◆なにこの工口写真(笑)。

◆朝っぱらから楽しそうですね……。

◆こいつはホット……いや、スイートかなぁ……。

◆コラ素材にもってこいだな。

↑フォトショ職人がこぞってコラ画像作りそう。


◆うはー。
コンド―ムまで着けてんじゃん。

◆見られて喜んでますね、このピーマン。

◆何をじっと見てるんだ? そいつは食べるためにあるんだぞ……?