映画「ドラゴンボール超」ティザー映像が世界初公開!海外ファン興奮

ついにTVシリーズも最終回……のこのタイミングで、なんと海外でドラゴンボール劇場版第20作のティザーPVが公開されました。果たして今回の戦いの相手は誰なのか!?

最強を目指す、新たな冒険が始まる!
米サンフランシスコで開催中のゲーム業界イベント「GDC」にて行われたバンダイナムコエンターテインメントの発表ステージで、映画「ドラゴンボール超」の海外向けティザー映像が世界最速公開されました。
その後、東映の英語版Twitterで正式に一般公開され、海外ファンの期待が高まっています。

ティザーでは、悟空が新たな敵と対峙する様子が垣間見えます。

顔は分かりませんが、緑色が特徴的な敵の姿が確認可能。

ラスト、「地球には悟空がいる」のテロップが期待を煽ります。

海外の反応


◆「地球には悟空がいる」か。
どうやらまたも地球に危機が訪れるようだな。
作画が原作漫画にすごく近くて良いね。

◆動きがめっちゃ滑らかでヤバイ!

↑自分もまったく同じ事考えてた。完璧なアニメーションだな。


◆俺はこれ、ヤモシだと思うな。伝説の超サイヤ人の起源で……真の「悪役」じゃない。ビルスがそうじゃなかったみたいにさ。

↑もしかしたら第6宇宙の邪悪なヤモシなのかも。

↑つまりヤモシブラックか。


◆俺が予言しよう……今回の悪役は、ヤモシを倒したサイヤ人。

↑イイ線いってると思うわ。鳥山明のインタビューで、ヤモシ自身は善人だって言ってたし。

↑ヤモシって誰だっけ? そんなキャラいた? アニメオリジナル?

↑原始の超サイヤ人だよ。死後も「超サイヤ人ゴッド」とのめぐり逢いを求めて魂が彷徨ってるんだ。鳥山明のインタビューで名前が明かされてる。


◆作画がヌルヌルだな。東映は今回の映画にかなりの予算を注ぎ込んでそう。めっちゃ期待だな!

◆Twitterでこの情報見て頭が爆発しそうになった。新たなサイヤ人だって? これは最終回のドラゴンボールの願いがどうなるかが、さらに重要になってきたな。興奮するわ! あとアニメーションスタイルも良すぎだろ。

◆「地球には悟空がいる

↑ベジータかわいそー(爆笑)


◆これは緑のオーラってだけでブ口リーと勘違いしてYoutubeに動画が上がりまくるに違いない。

↑「映画ドラゴンボール2018でブ口リー復活」

↑あー、釣りタイトルは100%これだな。

↑あいつら「1年前のTVエピソードにすでに伏線が……」とか言い出しそう。

↑ヤバイ、読むだけで頭痛くなってきた(笑)


◆悟空なんか若く見えるな。
「サイヤ人に限界はない」ってテロップ……サイヤ人の無限の可能性がまた証明されちゃう。

◆ドラゴンボールって、今最盛期を迎えようとしてるって認識でオーケー?

↑いや、過去に人気があったのがルネサンス(再興)してるんじゃないの。


◆敵がサイヤ人のアーマー着てるように見えるんだけど……本当にそうなのか、俺が勘違いしてるバカなのかどっち? いやむしろその両方か?

↑毛皮付きのサイヤ人アーマーに見えるから、かなり古い時代のサイヤ人で合ってると思う。


◆待って、グローバルリリースだって……? もしかして劇場公開されるのか?

↑復活の「F」の時みたいにか? よっしゃ、絶対やってほしい!!

↑これは中南米のDBファンが熱狂するだろうな。


◆この作画スタイル、素晴らしすぎ!

◆「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」を超えるアニメになるかな? 個人的にはドラゴンボール史上で、これが一番最高の作画とアクションだと思うんだよね。

◆ティザービジュアルが公開された時になんか色々言われてたけど、これめっちゃファンタスティックなヤツじゃん。

↑本当それ。

↑動きを見ないで、アニメの静止画だけで判断するのってバカだよねー。


◆滑らかな動きに、新しいキャラデザ。ゴージャスだねぇ。