「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

ズボンのジッパ―部分に「気をつけろ」ってメッセージが隠れてた

これは男性にしか分からない辛さっすね(笑)。日本のブランドのズボンでも、こういう「隠しメッセージ」的なのってあったりするんでしょうか?

「気を付けて、一本しかないんだよ」
要は「挟むなよ」という。
こういう細かい所に手間をかける余裕、良いですね。

海外の反応


◆これは真理。だから俺はYKK製のジッパ―のヤツしか買わない。

◆なぜ一本しかないと分かるのだ。

投稿者)俺が有名な「二本サオ男」だとは言わんが、違うって証拠もないわけで……。

↑あれ結局ウソだったんだよなー。

↑絶対コメント欄で誰か二本サオ男の話してると思った。
※訳注)二本あると主張して一時期話題になった男性。結局は著書を売るための嘘だったと今ではみなされている。


◆弟が一度これやっちゃってたわ。ジッパーから外すのに手術が必要だったんだぜ。

↑自分もやった事ある。手術まではいかなかったけど、アソコにカッコいい傷が出来たから良し。


◆「何言ってんの? このズボン2本持ってるから大丈夫だし!」
(ジッパー音)
「あ、ウソ……そういうこと……」

◆ラッキーブランドってとこのジーンズは、ジッパー周りに「ラッキー!」って書いてあるよ。ジッパー周りに細工するの最近の流行りなのかね。

↑俺が持ってる下着のブランドは、前開きの内側にメジャーが縫い付けてあるよ。しかも不正確なね。

↑デカくなるのか小さくなるのか、どっちに不正確なんだ? それによって購入意思が変わるんだが。

↑デカいほうだよ(笑)。目盛りが小さいから大きく測れる。

↑なんつー賢いマーケティング……。


◆見知らぬ男のマ夕をここまで間近で見つめるなんて初めてだわ。

◆これは竿のことか、夕マのことか?

↑竿の上に夕マが来るこたぁねーだろ。

↑ま、ある意味どっちもかな。


◆自分のブツを自慢する上手い言い訳を考えたな。

↑はぁ? お前ら人のチ●コ見ての楽しいの?

↑もちろん……そうだけど?

↑イエスです。


◆トイレでジッパーに皮挟んじゃった事あったなぁ。痛い中ジッパーを戻したら、ほんのちょっと持ってかれててさ。バンドエイド巻いて歩いて仕事に行ったよ。ホームセンターのシフト8時間。あの日の事は絶対に忘れられない……物凄く痛い一日だった……。

↑俺はサオを挟んだことは無い。けど夕マの方は経験あるから、読んだ時に「え、でも夕マは二つじゃん……?」って困惑してしまった。


◆これがあるから気を付けまくってるよ。開けたままにしとくのが最強。

↑それ俺もたまにやる。無意識にだけど。