「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

無重力空間で走るウサインボルト、海外でも「夢で焦って走ってるみたい」と話題

良かった……夢で上手く走れないの、自分だけじゃなかったんだね……! あれ本当焦るからやめてほしいんだよなぁ。ウサイン・ボルトもそういう夢見たりするのかね?

海外「無重力空間でレースするウサイン・ボルト」
航空機内でほぼ重力無しの状態を再現して行われた、ウサイン・ボルトと宇宙飛行士たちのレース。さすがに重力が無いと大変そうですね。
ちなみにレースは往復で、最終的にボルトの勝利でした。下記動画で音あり別視点のフルの様子が見られるのでどうぞ。ボルトさんめっちゃハシャいでます。
https://youtu.be/W4t0Y0Ylm2Q

海外の反応


◆夢の中で走ってるみてーじゃねーか。

↑やめてぇぇぇ、アレ嫌いなんだよー!

↑誰かと殴り合いしてる時とかもそうだよな。体のあらゆる筋肉が失われたみたいな感覚。

↑コメント読むだけですごく不安にさせられる。

↑ありえないくらい正確過ぎ。

↑俺も似たようなことコメントしようと思ってたけど、てっきりこういうのは自分だけだと思ってた。思ってた以上によくあることなのか。

↑一番最悪だよな!

↑夢の中で本気で疾走するときは、俺はゴリラみたいに四つん這いで走るようにしてる。

↑俺も! 夢の中では動物みたいに走った方が速いんだよな。


◆青と黒の服着てる男たちは、ちゃんとした走り方してる感じはある。

↑多分無重力で一番速い走り方の実験だからじゃない? 青の宇宙飛行士は体勢を低くして地面近くを常に走る。黒の宇宙飛行士はちょっと飛び跳ねる感じでゴールを目指す。ボルトは完全にいつも通り。


◆夢で走ろうとしても、まるで水の中でもがいているかのような感覚のアレ。

↑その手の夢、物凄くよく見るんだけどなんか意味あるの!?

↑睡眠中に体が部分的に麻痺することがあるんだよ。だから深い夢を見ている時に手足を動かそうとして動かせないと、それは夢の中でスローモーションだったり物凄く苦労するイメージになるわけ。


◆夢で走ってるのそっくり。リアルすぎて見てて落ち着かないよ。

↑あれってむしろ悪夢じゃん……。


◆「無重力レースでウサイン・ボルトに勝った」なんて、これ以上カッコイイ台詞は無いよなぁ。

◆えー……重力がないと結構遅いのな……?

◆夢の中だと大抵こんな感じの物理現象になる。どんなに激しく足を動かしても、ちっとも動かねーの。最終的に這いつくばって腕の力で移動するんだ。むちゃくちゃイライラする。

↑頭おかしくなりそうになるよな!


◆地上最速の男ウサイン・ボルトは、宇宙でも最速になるのか……。