「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

【極寒】氷点下47度のシベリア、寒すぎてガソリンスタンドが凄いことに

バナナで釘が打てるどころの騒ぎじゃない。というか今の日本でも寒すぎて布団から出たくないのに、 これ以上寒い所に住むなんて無理無理! 極寒の地に暮らす人たちは本当大変だなぁ。

気温マイナス47度のシベリア
寒すぎてガソリンスタンドの給油ホースが凍って自立するレベル。むしろ外気に触れるものは全部凍る前提で生活する感じなのかな……。

海外の反応


◆これ、人が住める場所じゃないって。

↑ここで生きていくこと自体想像できないわ……。

↑カナダ北部での日常生活の話聞くと、同じ事を思う。アルバータ州にいる友達の話じゃ、ある年の誕生日は気温がマイナス30度だったらしい。

↑ロシアの俺の生まれた地方だと、氷点下30度は普通で、たまに40度以下になることもあったな。正直子供にとっては、友達と雪で遊ぶのはもの凄く楽しかったけどね。


◆ロシアが温暖化なんて一切気にしてない理由がよーく分かった。

↑寒いミネソタ民だけど、同感(笑)。


◆そうか……極限まで寒くなると、人は透明人間になるのか!

◆問題ないね。ライターでちょいと温めてやれば元通りよ。

↑わーい、この先一生使えるテクを知ったぞ!
※言うまでも無いと思いますが、冗談です。絶対やっちゃダメ(笑)

↑ガス・オイル業界で働いてたことあるけど、気温がマイナス20度だったときにパイプラインが凍ってたんだ。現場の天才共が、こともあろうにガスバーナーを使って温めようって言いだしたんだよ。速攻で止められて、馬鹿にされまくったけどな。

↑まったく同じことしようとした奴らの動画見たことあるぞ!

↑これかな?

可燃物のタンクローリーのバルブをガスバーナーで解凍しようとしたら……(閲覧注意)
◆これは分かる。北シベリアに住んでたけど、この気温は結構普通。もっと寒い日もあった。

◆こんな寒さで車がどうして動くのか理解できないよ。ディーゼルだとマシってのは一応知ってるけどさぁ。

ブロックヒーターを使うんだよ。


◆そもそも、なんでこんな場所に人が住んでるわけ?

↑職があるからだろ。気候だけが重要じゃないさ。

↑オイル会社やガス会社が給料払ってくれるからね。


◆蛇使いの変なBGMが聞こえてきそう。

◆シベリアに住んでた友達がいるんだけど、親が子供に対して「外にいる時は瞬きをいつも以上にすること」って教えるらしい。目が凍らないようにね!

↑フィンランド人だけど、ある冬の日にちょっと鼻水が出てるのに外で遊んだことがあった。鼻が凍って息が通らなかったよ。
あれは多分マイナス25度くらいかな。27歳の時の話……ではなく6歳とかその辺の年頃だけどね!

↑カナダ人だけど、風の少ない日は寒さに気付きにくくて、外を実際に歩いた途端に速攻で鼻が凍るんだよなー。


◆ちなみにiPhoneでしかできないライフハック。
温度記号の「°」を出すには0を長押しする