「ゴーストドラム」続編 3部作日本語版出版クラウドファンディング応援中
名作ダークファンタジー『ゴーストドラム 北の魔法の物語』続編翻訳プロジェクトついに始動
著:スーザン・プライス
訳:金原瑞人
ファンタジー好きはもちろん、子供の頃、海外児童文学にハマっていた人なら絶対面白い!

ワクチン未接種の迷惑観光客! フランス人一家、はしか感染5年ゼロだったコスタリカにウイルス持ち込む

またワクチン未接種者によるニュースです。うんざりしてる人もいるでしょうが、注意喚起と思って取り上げます。いい加減、人に迷惑を掛けていることを分かってくれ! どんなに受けたくてもワクチン接種できない病気の子供だっているのに……。予防接種可能な体なのに子供に受けさせないのは、こういう危険性だってあるんだよ。 はしか流行のアメリカ、反ワクチン自然派ママが「どうすればいいの」と嘆きだす カナダの学校ではしか流行、反ワクチンを含む33人の生徒が自宅待機
5年間はしか感染者のいなかったコスタリカに、ワクチンを接種していないフランス人一家がウイルスを持ち込む
2月18日に両親とコスタリカを訪れた5歳のフランス人男児が、はしかに感染していることが判明。コスタリカの保健省が現在調査を進めています。

この男児と母親はワクチン未接種者であり、男児の通っているフランスの学校ではしか感染者が出ていることも確認できています。男児はすでにコスタリカ内の病院にて厳重隔離され、保健省は接触者の洗い出しを開始。渡航した際の飛行機や、宿泊施設、一家が休暇を過ごしたビーチなどが対象です。
また、一家の母国フランスとも情報共有されており、ヨーロッパで感染被害が発生した場合にも備えている模様です。

コスタリカ保健省によると、最後に国民の感染が確認されたのは2006年。外国からウイルスがもたらされたケースは、2014年以来とのことです。
「コスタリカは高いワクチン接種率を誇りますが、保護者たちは子どもたちへの予防接種が完了していることを改めて確認してください」と保健省は発表しています。

海外の反応


◆記事によると、コスタリカに着いてから子供に発疹が出て病院で診察を受けたらしい。ワクチン未接種の母親から、子供が通う学校ではしか患者が出てることも確認できてる。つまり、彼女はワクチン接種していない息子を飛行機に乗せて、外国に来たわけだ。はしかウイルスにさらされてたことを知りつつだよ? なんて無分別な悪女だ。

↑コスタリカ政府からバイオテロの罪に問われたらどうなるのかな。ただ強制送還するだけでも、人生が変わる体験になるはず。

↑そうすべきだろ。だって、病気が伝染する可能性を知ってて持ち込んだんだから。


◆国外旅行をする人には、必ずワクチンをすべて接種していると証明させた方が良いかもね。

↑動物だって予防接種の記録なしに国境を越えて持ち込めないんだぞ。人間にはその国際基準が適用されないってのは狂ってるとしか思えないな。


◆もうパスポートにワクチンの接種記録を載せようぜ。それで、「すみませんが、来週の帰国フライトまであなたたち一家はこの隔離室で過ごして頂きます。次からは、渡航先の必須ワクチンリストを必ずご確認くださいね」ってするんだ。

◆ヨーロッパ人が死の伝染病を持ち込んだって? なんかどっかで訊いたことがある話だなー。

◆ワクチンで自閉症になるって大ウソ捏造したアンドリュー・ウェイクフィールドが、医師免許剥奪以外になにも被害を受けてないのがムカつく。
あいつ金持ちで、テキサスで豪邸に住んでて、モデルと付き合ってるんだぜ。全然因果応報じゃないじゃん。

↑実に皮肉なことに、ウェイクフィールド自身はしっかりワクチン接種済みなんだよな。


◆このワクチン受けてない家族に金請求しろよ。

◆なんて自分勝手な馬鹿者ども。

◆国は反ワクチンの奴らは飛行機禁止にすればいいよ。国内だろうが国外だろうがな。それで問題解決。子供にワクチン打たせたくない? それは結構。簡単に旅行には行けなくなりますけどねって。

↑ワクチン無しで旅行しても良いけど、通関で45日間の検疫必須にするとか。動物にやってるのと同じようにさ。


◆最近じゃ、反ワクチンの連中は「病気を感染させてるのはワクチン受けてる子供の方だから!」って主張してるんだぜ。あいつらの頭の悪さは、人に危害を加えるレベルで深刻。

↑フェイスブックでそれ流行ってるよね。自閉症との繋がりを強調するんじゃなくて、ワクチン自体が病気の原因だってしてる。全てのはしか感染例はMMRワクチンを接種した子供とか言って。わざと議論の内容を変動させて、困ったらすぐ見解変えるんだよな。

↑はしかウイルスなんて存在しないって言い張ってる反ワクチン信者も出て来たぞ。人々が感染してるのは別の何かだってさ……。


◆こんなのバイオテロじゃん。